1. HOME
  2. category悩み・疑問解決
  3. 男の憎きギャランドゥ(腹毛)、どう処理したら良いの?

男の憎きギャランドゥ(腹毛)、どう処理したら良いの?

2021/01/05

ワキ毛や腕毛、そしてスネ毛だけが生えているのなら男性なら特に気にすることなく処理をすることも考えない場合が多いかもしれません。

しかしお腹にムダ毛(ギャランドゥ)が生えてしまうと、そのまま放置しておくと考えるよりもなんとか処理してキレイにしたいと考える男性が多いようです。

お腹の毛は、胸毛と同様に生えているだけでも女性に嫌われてしまうムダ毛。
せっかく胸筋や腹筋を付けてたくましい体になっても、ムダ毛があっては恋も一瞬で冷めるとまで言われています。

そのため、若ければ若いほど気になり処理したくなってくるのが腹毛。
キレイにしたいと思うなら正しい腹毛の処理方法を知り、自分に適した方法を選び実行するのがベストです。

間違った方法で処理してしまうと、一時的に満足な処理ができたとしても後々トラブルが起こり後悔する可能性も。

また、今後ますます増えて濃くなることを防ぐためにも、そもそもなぜ生えてきてしまうのか、増える理由とその対策を知ることも大切です。

この記事では、なぜ腹毛が生えてきてしまうのか、そしてどの処理方法が適切・不適切なのかなど、腹毛の悩みや解決法を紹介します。

そもそもギャランドゥ(腹毛)は何故生える?

お腹に生えてしまう毛だけではなく、胸毛やすね毛、腕毛が濃くなる原因として男性ホルモンが大きく関係してきています。
元々ムダ毛が濃い人は遺伝も関係していて、基本的に毛が濃くて生えやすい人になってしまっています。

でも遺伝の問題があっても、必ずしも毛が濃くなったり腹毛が生えてくるわけではないのです。

男性でも女性でも、毛を濃くする大きな原因とされているのが男性ホルモンの多さです。
男性ホルモンの量が女性ホルモンの量よりも多ければ多いほど毛が濃くなり、ムダ毛の量も多くなります。

男性の場合、元々男性ホルモンが多いので生えやすいのですが、さらにホルモンの量を多くしてしまうと腹毛が生える可能性を高めてしまい、結果として憎き腹毛を誕生させてしまいます。

男性ホルモンの量は食生活や生活習慣によって変化します。
不規則な生活や食生活をしているとバランスが悪くなり、男性ホルモンが増える可能性が高まりますし、ストレスでもバランスを崩し増えてきます。

今後腹毛をさらに増やさないためにも、男性ホルモンを抑えることが大切です。生活習慣の改善やストレス解消が必要ですし、女性ホルモンが増える食生活をしていくことがオススメです。

いきなり改善させることは難しいかもしれませんが、徐々にでも減らせる可能性はありますので、ぜひ改善していきこれ以上濃くならないようにしましょう。

腹毛は脱毛サロン/クリニックで脱毛処理するのが一番キレイ

腹毛は脱毛サロン/クリニックで脱毛処理するのが一番キレイ

腹毛の処理方法で一番早くキレイに処理できるのが脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛処理です。

ムダ毛の処理方法で、抜く方法と剃る方法がありますが、キレイにできるのは剃るのではなく抜く方法です。

サロンやクリニックでの脱毛は、ピンセットなどのように強制的に抜くのではなく、光やレーザーの力を利用して毛根にダメージを与えて自然に抜け落ちるように施術していますので、多少の痛みは伴いますが、我慢できないほどではありません。
クリニックでは麻酔なども使用できるので、痛みが苦手な人も大丈夫。

腹毛は毛が太いことが多く、安易に抜いたり剃ったりすると毛穴が目立ったり、ジョリジョリとした手触りとなり、女子ウケも最悪になってしまいます。

サロンやクリニックでの脱毛ならそのようなことが無く、毛が一切残らない状態になりますのでキレイに処理でき、ツルツルピカピカの状態にすることが出来ます。
今まで生えていなかった人にとっては、昔のお腹を取り戻せるので非常に満足できるでしょう。

ただし、一度きりの施術ではしばらくすると生えてきてしまいますので、その時点では完璧とはいえません。

脱毛は、数回通うことで生えにくい状態になり、最終的にほとんどの毛が無くなっていきます。サロンやクリニックでの脱毛は一番キレイな処理方法なので、一番オススメしたい方法です。

メンズ美容脱毛/メンズ医療脱毛のよくある疑問・質問まとめ→

サロンに通うのが面倒な人は家庭用脱毛器で腹毛処理するのがオススメ

メンズにおすすめの家庭用脱毛器 フォトEPC

サロンやクリニックでの脱毛で一番ネックなのが、何度か通わなくてはならないことです。
当然通う前には予約を取らなければならないので、それが面倒と思う人も多いようです。

そんな人にオススメなのが家庭用脱毛器です。
あくまで家庭用の機器なので、サロンと比べると即効性は劣りますが、お腹の毛をキレイに処理できることに変わりはありません。

家庭用脱毛器のメリットとしては自分のタイミングで、自宅での処理が可能なので、予約や来店といった面倒なアクションが必要ありません。

また、サロンと違って人との接触も避けられるのでコロナ禍の感染対策としても有効ですし、他人にお腹の毛を見られることもないので恥ずかしい思いをせずに済みます。

昔に比べて今の脱毛器は、技術が進歩し機器のスペックも格段に上がっているので処理のスピードも上がり、サロン並みの脱毛効果が期待できます。
但し、お肌への負担はかかるので、処理後の保湿ケアは忘れずにしましょう。

目的別おすすめメンズ脱毛器3選→

長く使い続けることで、自分のペースでお腹の毛をキレイにしていけるので、達成感も得られるオススメの方法です。

除毛/脱毛クリームもオススメ

サロンやクリニックでの脱毛は一番オススメですが、お金や時間がかかるため、誰でも出来るわけではありません。
そこでオススメしたいのが除毛クリームや脱毛クリームです。

除毛クリームや脱毛クリームは、生えてこないようにする力は持っておらず、一時的に毛を取り除くだけなので、定期的な処理が必要になってしまいます。

ですが、処理の方法が簡単でしかも素早く出来てしまうのが魅力的なポイント。クリームを塗ることで毛を溶かし、クリームを拭き取る時にゴッソリとムダ毛も一緒に取れるので気持ちよく処理ができます。

また、ブラジリアンワックスを使った除毛では、溶かすのではなく瞬時に強制的に抜く方法なので、痛み伴いますがキレイに処理することが出来ますし、除毛クリームよりも毛を残さない分、生えるタイミングも遅くなります。

さらに除毛や脱毛だけではなく、脱色クリームというものもあります。
これは毛の色を脱色して薄くすることで目立たなくすることができる方法です。

どの方法にしても簡単に処理することが出来ますし、クリームは比較的安く、購入しやすいですので、費用面に不安がある方にはオススメしたい方法です。

抜く・剃る処理方法は痛い上に見た目も…

脱毛や除毛ではなく、カミソリで剃ったり、ピンセットなどで強制的に抜いたりする方法もあります。
この方法の唯一のメリットは、一番お金がかからない事です。

しかし、自分で剃ったり抜く方法は腹毛の処理方法としても、別のムダ毛を処理する方法としても最もオススメできる方法ではありません。

特に腹毛に関しては、抜くには痛みが強烈で我慢できない部位ですし、皮膚もデリケートなので剃ることも肌を痛めるので、出来れば違う方法を選択して処理するのが良いでしょう。

剃って処理する方法は、毛を完全に処理することが出来ないだけではなく、見た目を良くするために処理しているのに、剃り跡が黒くプツプツと目立ってしまい見た目が悪いですし、生え始めのチクチク・ジョリジョリはどうしようもありません。

毛を抜く方法は、ピンセットで一本一本抜いていくためその都度痛みを我慢しなければなりません。お腹は痛みに敏感な部分なので痛みに対して弱く、一度の痛みなら我慢ができても、何回も痛い思いをするのは我慢できない可能性が高いです。

どちらの方法もメリットよりデメリットが大きく、オススメ出来る方法ではありません。お金がかかってしまったとしても違う方法を選んだほうが得策です。

まとめ

腹毛の処理方法として一番オススメしたいのが、サロンやクリニックでの脱毛です。
キレイに処理することができ、生えにくくすることもできるので満足出来る可能性が高く、男性でもいらないムダ毛となる腹毛には脱毛が一番です。

ですが、お金や時間がかかるため誰でも出来る方法ではありません。
そんな時には、サロンよりもコストを抑えて自分のペースで処理できる家庭用脱毛器や、コストが安く済むうえ簡単に処理ができる除毛・脱毛クリームがオススメです。

いくらお金をかけたくないといってもピンセットで抜くなどのデメリットが強い方法はオススメ出来ません。
多少お金がかかってしまったとしても違う方法を選ぶのが得策です。

また今後更に生えてきてしまう可能性があるのが腹毛なので、原因となる男性ホルモンを抑えることも大切です。生活習慣の改善やストレス発散、そして女性ホルモンを増やす食事を心がけ、生えてきてしまう可能性を出来るだけ減らすようにしましょう。