1. HOME
  2. categoryライフスタイル
  3. デキる男のテキメン体臭対策4選

デキる男のテキメン体臭対策4選

2021/01/14

デキる男は体臭対策も抜かりない!

体臭はどうして嫌われてしまうのでしょうか。
クサいから、と言うのは当たり前だとしても、実は体臭は程度の差こそあれ、誰にでもありるのです。
でも、好かれている人、異性にもてる人で、体臭がきつい人ってまず聞きませんよね。

体臭が怖いのは目に見えないところ。体臭が匂う人は身だしなみが下手くそ、と言うレッテルを張られてしまうのです。
女の子にとって、もちろんルックス、見た目は重要な要素ではありますが、「○○さんって、カッコいいけどクサイよね~」なんて思われてしまったが最後、ルックスと言うプラス評価は一気にマイナスへと転じてしまうのです。

女性が見ているポイントは、肩のフケ、歯の白さや歯並び、爪の垢、そして体臭だと言われてます。
つまり、不潔な感じがする男性はモテないのです!

石鹸、ボディソープ

体臭予防、デオドラントと言うとまず真っ先に気が付くのはシャワーや入浴。

体を洗うのに欠かせないのが石鹸やボディソープ。
ところで、ボディソープと石鹸って何がどう違うのでしょう。

実は、石鹸は皮膚の垢をしっかり落とし、そして殺菌力もあります。昔は体を洗う時に必要不可欠な石鹸でしたが、実は石鹸はそのほとんどが弱アルカリ性。
石鹸は基本的には水酸化ナトリウムが皮膚の皮脂を溶かして洗うので、確かに垢はよく落ちます。

スーパー銭湯などですっかり市民権を得ている韓国アカスリ。最初に使うのはボディソープではなく石鹸であるのもうなずけます。しかし実際の皮膚は実は弱酸性。腕をぺろってなめたりすると少し酸っぱいですよね。その酸が実は殺菌をしてくれているのです。石鹸を使うとその酸性のバランスが崩れてしまうので、皮膚が突っ張る感じが知るのです。

ではボディソープはどうか。
研究しつくされて作られているので肌のバランスを崩すようなこともなく、デオドラント効果もバッチリ! 
そんなボディソープですが、実は皮脂の垢はあまり落とさないのです。肌に合わせた弱酸性と言うことは、皮脂の垢汚れを溶かすことまではできないものが多いのです。

体臭が気になるのであれば、腋の下や股間、足などニオイが出やすい部位を石鹸で先に洗い、その後でボディソープで軽く洗ってみましょう。
こうすることで双方の欠点を補うことができます。悩んでいる人は試してみる価値ありですよ!

サプリ

体臭は皮膚の上の汚れや汗の分泌物をバクテリアが分解することで起こったり、体内にあるニオイの成分が血液に溶け込むことで、さまざまな形で皮膚から出てくることで起こるわけです。
入浴などでどんなにデオドラントに気を配っても、体の中にニオイの成分がある以上、問題はなかなか解決されないわけです。

そこで有効なのがサプリメントです。
経口で飲むサプリメントがどうして体臭に効果があるのか、ともするとわかりにくいのですが、体臭のメカニズムを理解していると、サプリメントを飲む意味が見えてきます。

体臭の原因物質は、主に血液中に溶け出ていることが多いのです。そこでサプリメントを服用することにより、その原因物質を中和し、体の中から体臭の原因を取り除いてしまおうと言う訳なんです。

効果的にサプリメントを使うのであれば、自身の体臭の原因をしっかり調べましょう。
調べるポイントは、体を洗ってもニオイがあるようなら、体の中に原因があります。
タバコやコーヒーなどが好きなら、その数を減らした方がいいですし、ニオイの種類によっては病気が隠れているかもしれません。
それぞれの体臭の原因にあったサプリメントを使うことで、より効果的に体臭を改善できます。

食べ物・飲み物

体臭が体の中から起こってしまうのであれば、当然、体の中に入れるものには気を払いましょう。

体臭にもっとも影響がある食べ物と言えばやはりニンニクやニラ、玉ねぎ。
どちらもとっても美味しいのですが、体臭にとっては結構影響がある食べ物。

これらの野菜には硫化アリルと言う成分が豊富。
体にも良い成分ではあるのですが、反面、食べすぎると、血液の中にニオイの成分が取り込まれ、それが汗と一緒に皮膚に出てきて体臭になってしまいます。

同じく気を付けたいのがお酒。
飲みすぎは体にも当然毒ですが、体内でアルコールが分解される過程で作られるアセトアルデヒドが体臭を引き起こしてしまうのです。
アセトアルデヒドは実は猛毒で、二日酔いで頭が痛くなるのはこのアセトアルデヒドのいたずらなのですが、汗と一緒に出てくると、いわゆる酒クサイ体臭を生み出してしまいます。

食事や飲み物は自制できることでもあるので、体臭が気になる人は少し気を付けてみるといいでしょう

体臭対策グッズ

さて、出先で汗をたくさんかいてしまった、ニオイが気になり始めた! そんなシチュエーションは誰にでもありますよね。まさかシャワーを浴びる訳にもいきません。
そんな時は体臭を抑えるグッズを上手に使いたいものです。

ところで、皆さんは制汗剤とデオドランド製品の違いってご存知でしょうか? 

制汗剤は発汗を抑制します。汗は血液中の水分で作られますので、毛細血管を収縮して、汗腺からの汗の分泌を抑えます。
一方デオドラント製品は、体臭の原因になる細菌の繁殖を抑えることでニオイを防ごうというものです。
最近はその両方の機能を備えたものも売っていますし、体臭に有効な成分の研究も進んでいます。

ミョウバンは昔から知られていますが、近年では、TVCMが盛んに流れている銀イオンに注目が集まっています。
ただし、いずれも肌に直接使うものなので注意が必要です。思わぬアレルギーが出てしまったり、薬剤が肌に合わずかぶれてしまったり、とリスクもあるので、事前にパッチテストを行い、肌との相性を確認したうえで用いるようにした方がいいでしょう。
腋の下のかぶれは服が当たっただけでも痛かったりとかなりつらいものがあります。肌が弱い人は特に気を付けましょう。

まとめ

体臭は身だしなみの基本。残念ながら、体臭が出やすいかどうかは、体質によって違いがあり、同じものを食べたり、同じ対策をしてもその効果は人それぞれです。自分の体臭の原因をきっちり調べて、それに応じた対策を講じる必要があるのです。

ただしコツとしては「あまり神経質になりすぎないこと」が大切。
完全にニオイがない人間なんてこの世に存在しません。神経質になりすぎても、精神衛生上いいことはありません。
他人に不快感を与えない程度に抑えられればオッケーなのですから、配慮はしつつ、気楽に考えておくことも大切なことでしょう。